ブランクナース

ブランクナースが再就職をする為の求人情報を事前準備

個人個人、色々な理由があり現場から離れてしまっていたブランクナース。一見現場復帰は難しいように感じますが決してそうではありません。せっかく取得した看護師という資格は使わない手はありません。そしてうまく探せば求人はたくさん出てきます。看護師の再就職を支援しているところはたくさんあります。例えば一番道かなところではやはり日本看護協会。看護協会が運営しているナースセンターでは看護師の復職支援のためのセミナー等を探すことが出来ます。また、医療系を主とする人材派遣会社なども定期的にブランクナースのために復職を支援するセミナーを開いています。さらに最近増えてきた施設、検診センターではブランクナースの方は結構な割合で働いているそうです。また病院の求人欄にもよく探せばブランクナースも可能の記載がある求人先もよく出てきています。医療処置が少なめが対象となるようですが、昔のようにしっかり復職を希望するのであればはやり研修をしっかりした上で就職先を探すのが一番です。

ブランクナースの為の研修を受けてから復帰する

看護師として働いたことがある人であれば、その収入の多さは自分でもよくわかっているはずです。一度看護師の仕事を離れた場合に再び働きに出るのであれば、収入面から考えても看護師として働くことを考えたほうがいいでしょう。しかしあまりにも仕事を辞めてからのブランクがある場合には、看護師として復帰するのに不安を感じるのは当然です。ブランクナースが抱える不安としては、最新の医療機器に関してや採血や注射に対する不安があります。ブランクがある事によって、すぐに仕事に慣れることが出きるのかという不安を持つものですが、そんなブランクナースの為に研修制度がありますので、利用してみるといいでしょう。ブランクナースのための研修では、看護基礎技術研修などがあります。これらを受けて自信をつけていく事によって、安心して看護師として復帰をすることが出来るようになります。不安を抱えたままではミスにつながってもいけませんので、自信を取り戻してから復帰するといいでしょう。

ブランクナースと勉強会について

現在の日本は超高齢化社会をむかえており、医療機関や介護施設の利用者は増えている傾向にあります。それに対して看護師は不足している傾向にあるため、看護師資格を持っているブランクナースの復帰が期待されています。多くの病院がブランクナースの受け入れを行っており、ブランクがある人でも安心して仕事が行えるように勉強会を開催している病院もあります。勉強会で勉強することで、以前に行っていた看護業務を思い出すことができ、現場で活躍できる力を取り戻すことが出来るのです。看護の仕事は患者の命を扱う仕事のため、大きな失敗が許されない現場です。そのため、ある程度の専門的な知識は取り戻しておかなければ責任ある仕事は行うことはできません。ブランクナースでも勉強会を利用してしっかりと準備してから復職すればすぐに仕事内容を思い出し、戦力として働くことができるようになります。最近では保育所を完備している病院も多いため、利用することで子育てによるブランクを少なくすることが出来ます。

ブランクナースからの復帰とeラーニング

看護師の資格を持ち、現場で働いた経験がある人が、さまざまな事情で職場を離れていることをブランクナースといいます。 団塊世代の高齢化と少子化による人口そのものの減少で、労働人口全体が不足している中でも、医療従事者は国家資格と専門知識が必要なので、人材不足は特に深刻です。 しかし、夜勤や長時間労働に加えて、人の命を預かる重い責任など、一旦職に就くと、心身ともに重い負担になることが予想され、復帰をためらうブランクナースが多いのも実情です。 最近は以前と比べると、労働環境が整備され、過酷な就労条件にならないような働き方も可能です。 ブランクナースからの復帰にはeラーニングがおすすめです。 国家資格と基礎知識はあるので、eラーニングでブランクさえ埋めれば、現場でも即戦力です。 現場に建てば間隔は徐々に戻って来るはずですが、その間に医療現場の実務が変わっていることを、時には自分より若い看護師に教えられるよりは、以前と現在の違いと、その違いによって何が改善されたかを含めて、知識のブランクをeラーニングで埋めてから現場にたつのがおすすめです。

ブランクナースの支援策として臨床実習

ナースの離職率が高い背景に女性が多いナースの生活環境の変化があります。出産や介護、育児などで仕事と家庭を両立するには難しいと退職する人が多いですが、その一方で生活環境が落ち着いて再度復職しようとするブランクナースと呼ばれる潜在ナースの存在も最近ではピックアップする医療機関が増えてきました。ブランクナースが復職する際に抱える不安として、医療現場を離れた事から来る、採血などのナースとしての仕事の感覚を忘れてしまう事や、進む医学で知識が追いついていない現状などがあります。中々不安要素が大きく、復職に足踏みをするブランクナースも少なくありません。進むナース不足から少しでもブランクナースを支援しようと医療機関では復職にあたって臨床実習を実施したりする所が増えてきました。臨床実習においては医療機関でまちまちですが、数日間慣らし日勤のような形で実際の現場で先輩について臨床実習するケースが多く、感覚を取り戻して自信に繋げる人も少なくありません。